黒豚のおいしさの秘密

黒豚の秘密 豚肉のおいしさはもちろんのこと、ビタミンB1をはじめタンパク質、ビタミンB2、 ナイアシンなどの糖質や脂肪の代謝に必要な物質が多く含まれているということもあり、人気のお肉です。
豚は東洋でも、西洋でも、古くから食材として世界中で飼われています。
その中でも、桁違いに多くの豚を飼っているのが中国だそうです。
不老長寿の思想から「食は人を養う」という認識が浸透する中国では、栄養価の高い豚肉をよく料理に使います。
また、西洋でも、豚の祖先であるイノシシの肉は、人間に力と勇気を与えるといわれ珍重されと言われています。

豚肉といえば鹿児島の黒豚がブランド肉として有名です。
その黒豚がおいしいとされるのには4つの特徴があるからです。

1. 肉の筋繊維が細い

黒豚はやわらかく、食べやすいです。ロースの部位はランドレース種の筋繊維の大きさが鹿児島黒豚は白豚より13%も細くなっています。

2. 水っぽさがない

保水性が高く肉質がしまり、脂肪組織の水分含有量が少ないとされているため水っぽさがありません。
白豚のランドレース種と水分含有量を比較すると、背筋周囲脂肪で3%低くなっているとされています。

3. 旨味成分が豊富

中性糖やアミノ酸などの旨味の成分含有量が多いです。
グルコースが9%、カルノシンが8.5%、白豚のランドレース種より多くなっています。

4. 脂肪がさっぱりしている

黒豚はランドレース種と比較しても1.4度、脂肪の溶ける温度が高いために脂がべとつかず、さっぱりしていることが特徴です。
また、脂肪部分にも十分な旨味があり、食感も肉と似ていることも大きな特徴です。


このように黒豚は科学的に見ても、おいしいとされる理由があります。
良い黒豚を自宅でも美味しく食べていただきたいものです。簡単に黒豚を手に入れることができないという方は通販を利用してはいかがでしょうか?
どちらにお住まいでも簡単に購入することができます。
↑このページのTOPにる