もつ鍋とは

おいしいもつ鍋 人気のもつ鍋ではございますが、もつ鍋のことをご存知ない方もいらっしゃるかと思います。そこでもつ鍋について紹介したいと思います。

もつ鍋とは牛や豚のもつ(小腸や大腸などの内臓肉)を野菜や豆腐とともに煮ながら食べる鍋料理です。
醤油味やみそ味、塩味、コチュジャン味を用いた韓国風のものがあります。
とくに福岡県博多の名物料理として有名で、福岡博多では、第二次世界大戦後にもつ肉とニラをアルミ鍋で醤油味に炊いたものがルーツであり、1960年代にはごま油で唐辛子を炒めてもつを入れてから味付け用調味料とネギ類を入れてすき焼き風に食べられていました。
もつ、野菜を食べた後に残った汁にちゃんぽんの麺を入れて締めとする場合も多く、牛のもつにこだわる店や水炊き風に酢醤油を付けて食べるスタイルを推奨する店などもあります。
冬になるともつ鍋をはじめ鍋料理をたべたくなりますよね。
そこで、家庭でもつ鍋を作って余ってしまった際に役立つレシピをいくつかご紹介したいと思います。


もつ鍋が余った時に・・・

1. 旨みたっぷりのもつ鍋のスープを有効活用した、ネギと、煎りごま、棒ラーメンを入れて味を整えるだけの簡単焼きラーメン。
2. もつ鍋の残り汁を活用した煮物。
3. もつ鍋の残りものに、ご飯と豆乳、プチトマト、チーズせんべい、パセリを乗せて、イタリアン風にアレンジ。
4. 残ったトマトもつ鍋を、フライパンで痛めたキャベツに入れ、バジルペーストを入れるだけのアレンジ。
5. もつ鍋の残りのだしに中華麺をいれ、チーズ、溶いた卵黄を入れ、ブラックペーパーで整えて、簡単カルボナーラ。

その他にも、もつ鍋はアレンジ次第でたくさんのメニューができます。
1日目は、シンプルなもつ鍋を楽しみ、残った2日目は自分好みのレシピを見つけ出してみて挑戦してみてはいかがでしょうか。

家庭料理としても、人気の高いもつ鍋は、通販でも購入することができますので是非、上記を参考に試してみてはいかがでしょうか。